« 2012年1月 | トップページ | 2013年7月 »

2012年2月

2012年2月14日 (火)

白菜のお漬物

毎年、白菜をたくさんいただきます。

二人家族の我が家には食べきれないほどの大量の白菜。

(一度に10個とかいただくときがあるのです)

ウレシイ悲鳴^-^;

そんな時は大きな樽にお漬物を仕込みます。


《材料》

  • 白菜
  • 塩      白菜の重量の3%
  • 鷹の爪   適量
  • 昆布     適量
  • 重石

《作り方》

  1. 白菜を縦に8等分し、半日ほど干す。
    (余分な水分を飛ばし、甘くなるそうです)
  2. 白菜の重量を計り、その3%の塩を計る。
    (うちには白菜を計れる秤がないので、ワタシが白菜を抱えて
    体重計に乗り、そのあとワタシのみで体重を計り
    その差を出して計算しています)
  3. 樽などに白菜をひと並べし、塩を振り、鷹の爪と昆布をおく。
    その上にまた白菜をひと並べ、塩、鷹の爪、昆布をおく。
    これを繰り返す。
  4. すべて入れ終わったら、その上に重石をする。
  5. 数日後、水が上がってきたら食べごろです。

漬けるときに柚子を入れたりする方もいらっしゃるようです。

その辺はお好みで。

漬けあがったらそのまま食べるもののようですが

味を見て塩辛いようでしたら洗ってしまいます。

たくさん漬けておいて、鍋に入れたり、炒め物にしたり

味を変えて食べています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

やけどした><

寒いので、石油ストーブをつけています。

ストーブの上には鉄瓶を置いているのですが

昨夜、その鉄瓶の扱いを間違えてしまい、やけどしてしまいました。

熱い蒸気が右手全体にかかり、直後からヒリヒリと強い痛みを感じました。

すぐに流水で冷やしましたが、冬の水道水の冷たいこと!

『痛いよー、冷たいよー』と大騒ぎしながら

それでも10分は我慢して水をかけ続けました。

少し落ち着きましたが、手のひらと甲と指の背が、ヒリヒリヒリヒリT-T

水につけていないと痛くていられません。

でも、かけっぱなしは冷たくて泣きそうです><

氷や保冷剤で冷やそうとしてみましたが、じかに触れると刺激が強くて逆に心配になりました。

そこでジッパー式のビニル袋2つに水を入れ、その間に手を挟むように入れてみました。

その上から保冷剤を乗せて、水を冷やすようにしました。

いい具合に冷やされて痛みも無くなりました。

・・・でも、そこから出すとまたヒリヒリと痛み出します。

それがズキズキとする結構な痛みで、そのまま我慢して寝てしまうことはできなそうでした。

でも、眠い!

しばらく冷やしてみると中指と薬指のほかはなんとか大丈夫になりました。

ネットで対処法を調べてみると、感染が怖いので何もつけるなというのが大半だったのですが

ワセリンを塗った食品用のラップをまくという方法を実践されている医師の方のブログにたどりつきました。

ワセリンは無かったので、買いに行くか迷ったのですが

もう深夜で、痛くて運転も心配だし、家にあるもので代用することにしました。

で、先日実験的に作ったシアバターのハンドクリームをたっぷりラップに塗り

それを中指に巻き、

薬指には薬箱に残っていたいつかの残りの冷えぴたを巻いて

その上から

こんな風な使い捨てのゴム手袋をして

やっと眠ることが出来ました。

朝起きてみると、昨日より痛みはだいぶ引いていました。

やはり中指と薬指はやけどをしてしまったようで

引き続きシアバターとラップで様子を見ようと思います。

シアバターと冷えぴたでは、シアバターの方が良くなりました。

昨日はお湯につけると飛び上るほどの痛みだったので入浴は出来なかったので

今日は何とかお風呂に入りたいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2013年7月 »