« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月23日 (金)

くろたんのおなかには

くろたんは徐々に肉付きも良くなり、健康的になってきました。

くろたんを家に入れるためには、ひとつ問題がありました。

テトラは完全室内飼いなので、ワクチンを打ってないのです。

以前に病院に行った時に

外猫と接触がある場合にはワクチンを打ったほうがいいと言われていました。

テトラにワクチンを打ってから、くろたんに手術をして迎え入れることにしました。

・・・しかし

くろたんのおなかが段々とふくらんできました。

最初は

『急に食べすぎて、ずいぶんおなかがおおきくなっちゃったね~』

な~んて言って、おなかを触らせてもらってたんだけど・・・。

どんどんと横にふくらんできて。

お乳もやけに大きくなって。

・・・どうも、赤ちゃんがいるようです。

手術は赤ちゃんが生まれて、乳離れして、少し経ってからすることにし

テトラのワクチンだけ、早めにしようということになりました。

果たして、おなかに何匹入っているのか

無事に里親を見つけることが出来るのか

テトラはくろたんだけでなく赤ちゃんまで増えてしまっても受け入れてくれるだろうか

意地悪したりしないかなあとか・・・

心配事がいっぱいになってしまいました。

でも、それ以上に子猫の世話が出来るかと思うと

楽しみで楽しみで。

ごはんを妊婦さん用に切り替えて、その日を待つことにしました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

くろたん 玄関に来る

それから数日、くろたんは姿を見せませんでした。

あの日、山もりのカリカリを食べたのだから何日かはしのげるだろうが

ワタシは心配で心配でたまりませんでした。

やせ細った姿が頭に焼きついて離れません。

お腹が空いたら、ワタシのところに来てねと、心で念じながら過ごしていました。

ワタシの念が通じたのか、くろたんが姿を現しました。

仕事場の前を通って、ゴミ袋、金魚の鉢、材木の陰・・・なにか居そうなところを

チェックしながら、また、義父の車庫のほうへ行きました。

ワタシは後からそうっとついて行き、そこから自宅の玄関まで誘導しました。

数日前にご飯をもらったのを覚えていたのか、ビクビクしながらも玄関までついてきてくれました。

そしてまた、カリカリを山盛りあげました。

食べている間は、やはりのどを鳴らして喜びながら食べていました。

数日かけて何回か同じことを繰り返しているうちに

ワタシと夫がごはんをくれる人だということ

玄関で待っていれば、ごはんをもらえるということ

うちの玄関が安全だということ

を理解してくれたようで、毎日玄関に出没するようになりました。

最初はごはんを食べ終わると、また、どこかへ(食料を探しに?)行っていたのが

玄関に落ち着いて住み着くようになりました。

朝晩のごはんの時間はもちろん

晩のごはんを食べ終わると、玄関に置いてある縁台の上で朝まで過ごす様になりました。

ワタシたちも夕食後のゆっくりした時間をくろたんと玄関で過ごすことが日課となりました。

野良猫のはずなのに、すっかり懐いて膝の上に前足を乗せている姿を見ると

本当にかわいくて・・・。すっかり情が移ってしまいました。

そして、うちの仔として迎えることを考え始めました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »